看護師は天職!ずっと仕事を続けていたい・・

看護師資格のメリットについて

今の時代に持っていると便利なのは資格ですが、その中でも特に女性が持っていると有利なのは看護師資格です。

看護師資格を取得する為には、専門学校へ何年間か通い、国家試験を受験し合格しなければなりません。

しかし、合格率はそれ程低くない為、誰でも取得を目指す事が出来る国家資格と言えます。

看護師資格が他の資格と違う点は、仕事が出来る場が幅広い事です。

例えば大学病院や個人でやっている病院、学校の保健室等、活躍できる場面は他の資格に比べてとても広いのです。

医療業界の求人はいつの時代も沢山ありますし、一度取得してしまえば一生涯有効な資格ですので、看護師資格は持っていて絶対に損はしません。

看護師と聞くと仕事内容は精神的にも肉体的にもとてもハードで、割に合わないイメージがあります。

しかし、自分の体調等に合わせて勤務形態や勤務場所を自分で選択する事が出来ますので、とても良い職種だと思います。

配属先で看護師は違う

患者の一番近くにいてお世話をしてくれる看護士。
その人の性格云々は置いておき、大きく変ってくるのはその配属先だと思う。

私は今までに長期入院を2度、違う病院で経験している。
そして2度とも途中で転科しているので身を持ってわかった。
病棟によって雰囲気がまるで違うというのは患者にももちろん言えること。手術を伴うような疾患(○○外科など)は患者もベットから出られないかリハビリのために毎日が必死だ。

そしてそれに付き添う看護師も機敏で忙しい。きっといつも頭の中に様々なタスクと注意しないといけないことが入ってるのだろう、呼んだらすぐに来るがすぐにいなくなる。

必要最低限のことしか声がかけられない。

その点内科は正直、今日明日何かなる状態ではないため患者ものんびり。看護師ものんびり。

違う科の看護師からあの病棟はどうなっているのか?的なことを囁かれていたりする。

でも患者と接する時間を長くとり、世間話なのか愚痴なのか?というような話でも辛抱強く聞いてできるアドバイスを行ってくれる。

その両方のいい点を凝縮されているのが手術室付やICUの看護師だと感じる。

時には医者をも恐れず、患者の気持ちを理解してくれ、孤独な戦いの中、一緒に付き添ってくれる優しさと頼もしさ。

入院するたびに看護師という仕事はすばらしいなぁと感謝の念でいっぱいになるのです。

看護師さんはヒーロー?

看護師さんに憧れた人は多いと思います。
病院に行ったことがある人がほとんどなので、会う機会も多いし、手助けしてくれる人ですよね。
身近なヒーローな存在ですよね。

お医者さんもいますが、親しくなりやすいのはどちかと言うと看護師さんかなと思います。
色々な補助をしてくれるので、本当にかっこいいなあと感じます。

でも意外だなあと思ったのは、看護師さんはオフの時は割と派手な格好の人が多いことですね。
清楚なイメージがあるからだと思います。
忙しい仕事で、休みが少ない人や夜勤だったりで、オンオフの区別がはっきりしているのかなと思いますね。
もちろん全員が派手ではないと思います。

病院によっては患者さんが亡くなったりで、死と向き合うことも人より多くなるので、そうゆう意味でも人生を楽しもうと言う気持ちが強くなるのかなと私自身は勝手に思ったりもします。

そんな憧れを抱いて・・

私は今年で看護師になって10年になります。
入社した時は毎日先輩看護師に怒られてばかりで何度もやめたいと思いました。
昔は「白衣の天使」なんて言われていた時代もありましたが、キレイな事ばかりではありません。

患者さんに理不尽にどなられたり、排泄介助などをおこなったり…。
亡くなる瞬間に立ち会ったり。
辛いことがたくさんありますが、現在まで看護師として仕事を続けてこれたのは私にとって天職だからです。

私が働いている病棟は外科なので術後の患者さんや重症な患者さんがとても多いです。
なので、亡くなる方も少なくありません。

しかし、重症な患者さんや終末期の患者さんは自分の関わり次第で患者さんんのQOLが大きく変わるのです。その人のゴールが変わってしまうのです。

医師の指示に従うことだけが看護師の役目ではありません。
患者さんのために何ができるか、患者さんが自宅に退院してからや社会復帰するためにどうしたらいいかを考え医師とともに治療・看護を行っていくことがとても楽しいです。

これからも患者さんのために看護師を続けていきたいと思います。

看護師になったわけ

きっかけは、高校生の時にケガで入院したことでした。
左膝前十字靭帯断裂、内側側副靭帯損傷、半月板損傷でした。

最初の病院のオペで、膝が曲がらなくなってしまったので、病院を変えてリハビリをしていました。

それでも一向に曲がる気配もないので、リハビリ入院をすることになりました。
これがなかなか、キツイもので、腰椎麻酔をしたうえで膝を曲げる機械にかかります。

1年くらい、曲がらないままでしたが、これをやった事で中で癒着していた組織がパキパキと剥がれていきました。

始めの2日は、よかったのですが。
3日目。
機械にかかってると、違和感がありました。

だんだんと痛みも強くなっていき、我慢もできなくなっていました。
ナースコールで飛んできてくれた看護師に泣く泣く訴え、医師を呼び、中止に。

レントゲンを撮ったら、最初のオペで入れたネジが外れかけてるとの事!
1週間後にオペで摘出、同時に膝の受動術をして、ようやく曲がる膝になりました。

こんなこともあり、誰かの助けになれることをと思い、看護師を目指し、准看護師の資格を取りました。

経験して今だから感じる看護師の気持ち

看護師は非常に大変な職業だと身をもって感じます。怪我や病気で苦しんだり、必要に応じて身の回りのことを手伝ったりしますよね。

人を手助けすることにやりがいを感じて、喜んでもらえて良かったと思えることも勿論あると思います。

ですが、本当はあまりやりたくないけど、仕事だからお金のためだからと、仕事している方もいると思います。

でもそれは仕方ないことだと思います。

それぞれの、病状や状況にもよりますが、そのフィールドは基本的に人間の「生命」を守る場所ですので、ミスは許されないですし、予想外のことや、悲しいこと、辛いことの方が多いと思います。

中には手助けをしている、患者さん自身からも心無い言葉をぶつけられてしまう事もあると思います。

それでも、その職業を続けられる・続けていたいという気持ちにさせるものは何なのか、とても気になります。

私の考えでは、患者さんや家族の方からの感謝や笑顔を見たときにやりがいを感じるのかなとは思いますが、やはり文字だけでは伝わらない、看護師の方たちにしか分からない感情というのもあるのかな?と感じています。

夜勤を行う看護師について

看護師の求人は一般的には高収入ですが、その中でも特に高収入な求人があります。
それは夜勤専従の看護師の求人です。
高収入な分だけ、普通の看護師より仕事内容は厳しめです。

夜勤専従とはその名の通り夜勤のみに従事する看護師です。
臨時の夜勤ではなく、常に固定で夜勤のシフトになっています。

夜勤の専従と言うと、バイトやパートの場合が多いですが、必ずしもそういうわけではないです。
夜勤の雇用形態は常勤やバイトやパートなど、特に決まりはないです。

どのような形態の雇用であっても、負担の重い夜勤を請け負ってもらうために、夜勤時間数の上限を設けている場合が多いです。

子供がいる場合は保育所や託児所を利用できるように、それらを斡旋している場合もあります。

また、夜勤専従者をバイトではなく常勤職員として雇うときには、短時間勤務の制度の利用を許可している病院が多いです。

このように夜勤で働いていもらいやすくすために、病院側はいろいろな工夫をしているのです。

意外と多い看護師の転職回数

世間から見ると、看護師は高給取りというイメージがありますが、実際に看護師として働いている人からすると、仕事内容に見合っていないと感じている人も案外多いものです。

看護師といっても就職した職場によって、その労働条件は大きく違いますから、労働条件や環境の悪い職場で働く看護師達は、給与にも不満を持っているケースが多いようです。

ですから、看護師という職業はひとつの職場に留まらず転職を繰り返すケースも増えています。
需要があり求人の多いというのも転職が多くなる理由のひとつだと言えるでしょう。

でもだからといって、転職を繰り返し過ぎるのはいくら看護師といえどもあまり得策とはいえません。
やはり、転職回数があまりにも多すぎると書類選考や面接の際に不利になることは否めません。

どこの病院でも、すぐに止める看護師よりも長く働いてくれる人材を求めるからに他なりません。

そこで転職の際は慎重に、職場見学や周りの評判など判断材料を集めてからがベストと言えます。

大病院?小さなクリニック?眼科?耳鼻科?美容外科?興味はあるけど・・・どんな感じなんだろう? ここでは各職種で働いていた看護師が実際にその職場で感じた事や具体的な仕事内容、この仕事をこれからはじめてやってみたいと言う看護師へのアドバイスを紹介しています。
参考:転職カモちゃんの看護師転職・求人

看護師は職場恋愛が多い

違う病院で看護師として働いていた時に、その職場の中でおもったこととして、その働いている時に、職場恋愛が多いということです。

職場の中では、恋愛は禁止となっているのですが、やっぱり男女が職場で働いていると、そのような関係になることが多いです。
その中でも、特に医師との恋愛が多くなっています。

それは、医師は看護師の憧れの存在となることが多いからです。医師の指示がないと動けないと言うことも、尊敬する内容となっていますし、なによりいつも一緒にいることが多くなるので、その点でも恋愛対象と思うことが多くなります。

医師も看護師と一緒にいることで、その様に恋愛に発展することが多くなります。

また、職場の中では、辛いことが沢山あって、その辛いことを直ぐに話すことができる、身近な存在として、医師がそばにいることが多いのです。

そのたんめ、男性として意識をすることも多くなり、その結果、付き合う様に発展することが多いと感じています。

看護師の大変なところ・良いところ

看護師は、大変な仕事だというイメージを持っている方は多いかもしれません。実際、看護師は身体的にもかなりの体力が求められ、精神的な強さも求められる大変な仕事です。

基本的に弱っている方をお世話することが多い仕事ですので、排泄物の処理など汚い部分も当然お世話をしますし、自力で動けない大人の人間を介助するには体力がないと厳しいものです。

人間ですから、本当にいろんな方がいらっしゃいます。素直に医者や看護師の指示を聞いたり、感謝をしてくださる方もいれば、病気ゆえなのか、元来の性格も影響しているのか、全くこちらの言うことを聞かずに暴言や暴力をしてくる方もいます。そういった意味では精神的にも強くないと心が折れてしまいます。さらに、ミスをすると命に直接関わるという面でも、かなりのストレスがかかってきます。

そんな大変な中でも、多くの看護師が仕事を続けている1つの理由は、その大変さを上回るほどのやりがいがあるからだと思います。文字通り、人の命を救うことに携わるというのは、他ではなかなか味わえない喜びや達成感があります。人と関わることが好きな方にとっては、看護師はとても良い職業なのではないかと思います。

認定看護師は真のエキスパートナース

エキスパートナースという看護雑誌がありますが、今臨床現場においてもリアルエキスパートナースが増えています。

「認定看護師」としてある分野に特化して、より専門的な知識を習得し、実践・現場指導にあたるスペシャルナースのことです。

5年以上の実務経験のうち、3年はその分野の実務経験が必要であり、認定看護師になるための教育機関で半年以上の教育を受け、認定試験に合格したもののみに与えられる資格となります。

20以上もの専門分野に分かれていますが、例えばガンに苦しむ患者に対して、ガン性疼痛看護、ガン性化学療法看護、緩和ケアなど、どれも遭遇する看護場面で、それぞれの専門的な視点で患者ケアにあたることができる、それは患者の安心感と、医療の質を上げる意義ある資格だと思います。

救急看護の認定看護師ともなれば、一刻も早い適切な治療が必要な患者に対し、また次々に搬送されてくる患者の迅速な情報収集をすることで「優先順位」を把握できる看護師として、医師への橋渡しだけでなく、的確な治療への心強いサポート役として、これから認定看護師は忙しい医師の変わりとして、彼らの補佐役としての役割も担う、期待される資格だと思うのです。